トップ

自由診療

小児歯科へ行って綺麗な歯並び

前歯だけ突出しているいわゆる出っ歯状態の上顎前突という症例は幼児からなるケースが多いのです。その理由として指しゃぶりや鼻呼吸などの口癖が考えられます。小児歯科でも早い段階から指しゃぶりや口癖を辞めさせるよう警告を鳴らす医師も多い理由は歯並びに影響するからといった理由があるからです。特に年齢が上にいくほど顎の骨格形成に影響が出るため、永久歯に生え変わっても口癖の影響で前歯が歪んでいるといったケースを招いてしまうからです。小児歯科に早い段階に通う事で治療以外にも口癖の早期発見で綺麗な歯並びを守る事が出来ます。

前歯は奥歯より費用が掛かります

歯科で治療する際、保険適用の面で前歯と奥歯では、点数の計算方法が違い、費用は場合によっては、3倍以上にもなることがあります。治療において、歯の奥は普段見えないところなので、施術に使うブリッジなども、丈夫で見た目があまりよくないものを使用しているので、費用が安く、前歯は、普段から気になるところにあるため歯科では気をつけて見栄え良くするために差し歯にする場合でも、精度な高いきれいものを技工士が作成するため、その技術の評価が高くなり、保険点数も高くので割高になってしまいます。治療の際には、歯の位置によっては、前なのか奥の範囲によって金額が変わるので注意です。

↑PAGE TOP

© Copyright 歯科に関して覚えよう. All rights reserved.